Follow by Email

2011年12月29日木曜日

クリスマスイブ



 1224日にはビーレフェルド孫たちといっしょにクリスマスイブを楽しみました。午後3時から村の人々で一杯の教会でページェント(聖誕劇)が行われました。これは聖書に記されたキリスト誕生の物語を子供たちが演じるものです。

 先ず長旅をして生まれ故郷に着いたヨセフとマリアが満員の宿屋で断られ、仕方なく馬小屋に泊まりそこでイエスが誕生します。それから天使たちが現れ「今日ダビデの町に赤ん坊が生まれた。これがキリストである」と合唱しながら人々に伝えます。それを聞いた羊飼いたちがやってきて、馬小屋の藁の中に寝ている幼子イエスに会い喜びます。東の国に住む3人の博士たちが、明るく光る星に導かれイエス誕生の場所まで到達し、それぞれの贈り物を差し出します。

 これはすべて聖書にある物語で、もちろん万国共通のお話。私も日曜学校の生徒であった頃毎年のようにやったものです。小さな村の教会には舞台がなく、すべて狭い通路で劇が行われるため少々窮屈ですが、子供たちがすぐ目の前で一所懸命、覚えた台詞を言って演ずるのが見られました。

 その後家路につく頃にはあたりはもう暗くなり始めます。家ではクリスマスツリーにあかりが灯り、いよいよプレゼントが配られます。これはBescherungといい、古いドイツ語で「分け与える、分配する」というのが語源です。一番小さいユリアはまだサンタクロースの存在を信じているでしょうが、小学生のお姉ちゃんたちは、プレゼントは全部両親が買い整えてくれたものであることを知っています。だから前もって自分たちの欲しい物のリストを作って渡してあるのです。

 プレゼントの包みをすべて開けるには半時間もかかりました。希望していた贈り物が出て来る度に、子供たちの嬉しさと興奮が増して行きます。一段落すると次はご馳走が待っています。今年は少し趣向を変えて、スイス風のラクレットグリルが用意されました。これはハードチーズを温め柔らかくし、削り取って(ラクレットとは「削る、引っ掻く」というフランス語)ジャガイモやその他の野菜等にからめて食べるのです。家族の全員がグリルの周りに座ってそれぞれのプレートを使って食べるので、一家団欒の雰囲気が一杯で、本当に楽しいクリスマスディナーの一時となりました。

2011年12月22日木曜日

ここは…どこかな?





ずらりと並んだ店は、木造りのヒュッテタイプの小屋。売っている飾りもの、木彫り人形やデコレーション、ライトの類も珍しい!これは典型的なドイツのクリスマスマーケットではないか?でも壁にかかっている飲食物の表示は日本語で「ライベクーヘン」とか「グリューワイン」となっている?!そうです、もうお判りですね、これは東京六本木ヒルズで開かれている、日本のドイツ、クリスマスマーケットなのです。と言っても、東京の友人から写真を送ってもらったわけではない、私自身が撮ったものです。


12月初め他界した母の葬儀のため、今年2度目の日本旅行をすることになりました。通夜と告別式を終えた後、妹夫婦と六本木を訪れる機会がありました。森ビルのシティビュー展望台から東京のすばらしい夜景を見た後地上に降りた所で、このクリスマスマーケット・イン・ジャパンを見つけたのです。ご覧下さい、売っているもの、食べたり飲んだり出来るもの、本当に本場そっくりで驚いたことです。でも、値段の方は格段に高い!グリューワインがマグつきで1200円とは(!)、本場の2倍以上です。それと、以前ドイツに住んだ経験をもち、カレーソーセージ等を食べた人の経験を聞くと「全然違う味」でがっかりしたそうです。


グリューワインを飲みながらドイツ語を話している2人の紳士に「今晩は!いかがです、ここでホームシックにかかりましたか?」と挨拶したら、「いやいや、今の所まだ大丈夫です」という答えが返って来ました。有名なクリスマス屋さん(?)の「ケーテ・ウォルファルト」(ローテンブルグのKäthe Wohlfahrtは年中クリスマス用品を売っている)の店の前ででカメラを向けたら、売り子に「品物の写真は撮らないでください」と注意されてしまいました。撮影禁止の張り紙を見落としていたのです。ドイツ各地の同店の小屋ではそんなことはなかったと覚えていますが?日本人はすぐにコピー商品を作るから油断ならない、ということなのでしょうか?


私たちは結局ここでは何も食べず、飲まず、妹が小さな金のベルを1600円で買って帰りましたが、とにかく東京の真ん中で、ドイツ風のクリスマスの雰囲気を味わうことが出来たのは幸いでした。



 こちらは六本木東京ミッドタウンのイルミネーションと、銀座4丁目付近ででクリスマス募金をする救世軍の社会鍋です。年末の今どこへ行っても東京はクリスマスシーズンたけなわでした。

2011年12月8日木曜日

飲んだり、食べたり(2)



 出来立てを熱々で食べるものが多い中、マッシュルーム(Chmpinions)も人気の食べ物です。小さくて丸い茶色のマッシュルームを炒め、それにクリームや溶けるチーズをかけます。知り合いの日本人Tさんが食べていたのを見つけ、モデルになってもらいました。同じ店には焼いたチーズ(カマンベール)も売っていました。

 熱い(heiß)という文字を看板に出しているのは、栗の店です。「甘栗」とか「焼き栗」ではなく「熱栗」(Heiße Marone)です。粒は小さめですが、大きな鉄鍋でじっくり時間をかけて焼いた味はなかなかのものです。
 
 今度は揚げ物でReibekuchenです。そのまま訳せば「摺ったケーキ」で何のことかわかりませんね。これはジャガイモを摺り(おろし)塊(かた)めて(クーヘンには「かたまり」の意味もある)油で揚げるもので、それにリンゴムース等をかけて食べます。一人前として3枚入れてくれるので、これまたボリュームのある食べ物ですが、ドイツ人のおばあさんでも美味しそうにペロリと平らげています。高温の油の前で終日揚げているおばさんも大変な重労働だろう、と同情します。


 把っ手がついている機械はワッフル(Waffel)を焼き器です。焼いた後その上に粉砂糖、シナモン、クリーム、ヌテラ(チョコレート)等を乗せるのは、クレープの場合と同じですね。右端のケースに入っているのは?!まるで中華のニクマン(肉饅頭)そっくりですが、これはDampfnudelと呼ばれるダンプリングで、下部は香ばしく焼いて上部はフカフカに蒸すのです。中味が入るものとないもの(その場合はたっぷりグレービーをかける)とあるようですが、私自身試食したことがありません。


 あとは、「愛してるよ!」と文字を入れたハート形の首から掛ける大きなクッキー、アーモンド等のナッツ類を香料の入った砂糖で包んだ砂糖菓子の店や、前を通る度にツーンと鼻をついてくる香料を一杯入れた何百種類のボンボンを売る屋台やら、クリスマスマーケットの食べ物、飲み物の屋台はバラエティーに富み、ドイツのクリスマスの懐かしい光景となっています。

2011年12月7日水曜日

飲んだり、食べたり



 先号で予告したように、クリスマスマーケットに出かける人が飲み食いするものの写真を撮って来ました。どこへ行っても飲食物屋の小屋の多いことは驚くほどで、買い物が一段落した人も、「腹がへっては…」と、これから買い物を始める人も、あちこちで立ったまま飲んだり食べたりしています。この楽しみがなければクリスマスシーズンの雰囲気も出て来ず、退屈きわまりないものとなるでしょう。

 一年中で最も寒いこの季節に欠かせないクリスマスマーケットに必ず出る飲み物はGlühwein(グリューヴァイン、ホットワイン)です。何時間も歩いて冷え込んだ身体を温めるにはもってこいの熱い飲み物です。材料は赤か白のワイン、そして香料としてシナモン、香料ナデシコ、レモンの皮、ダイウイキョウ等が用いられます。これを最高80℃までの温度で温め、規定通り最小限アルコール度7%で売ります。どこの店でも趣向を凝らした模様のついた陶器の(時にはグラスの)コップを用意しその値段を含めて売ります。お土産に欲しい人はそのまま持ち帰れば良いわけです。日本人の中には、 国へのお土産にするためにコップを毎年数個ずつ集めている人がいます 。

 クリスマスのお菓子といえばChriststollen(クリストシュトレン)をおいてほかないでしょう。最近日本でもかなり知られるようになりデパートで手に入る、と聞きます。これはイースト入りの生地に大粒、小粒のレーズン等いろいろな乾燥フルーツ類やシトロン果皮の砂糖漬け、オレンジピール等を包んで巻いて作るものですが、その形が布にくるんだ幼子キリストに似ているのでこの名前(キリストのシュトレン)があります。それにクルミ、バター、マジパン、ケシの実等を入れそれぞれの名をつけたシュトレンが店頭に並びます。かなり重量のあるお菓子で、一切れずつ売る店もありますが、ここの店のは11kg売りのを並べ14ユーロの値段がついています。

 シュトレンをマーケットで立ち食いする人もいるが、これは主としてお持ち帰り用のお菓子。お腹を満たすためにはやはりドイツ独特のソーセージ屋に人が群がり大繁盛です。調理法は主として焼くだけ(Bratwurst 焼きソーセージ)、もうもうと煙を上げて焼かれたソーセージを丸パンにはさみ、たっぷりと辛子をつけて昼食、夕食にします。

 ドイツはジャガイモの国、マーケットでもジャガイモ専門の小屋を見つけました。おじさんの後にあるのは大型のジャガイモを丸のまま焼くオーブンで、両手で持つほどの大きなジャガイモの真ん中に切り目を入れ、そこに白いザウアーラーム(酸味のあるクリーム)を目一杯入れてくれますが、我々日本人のお腹では一個食べるのが難しいほどのボリュームです。もっとも、ソーセージもポテトもクリスマスに限らず、一年中どのお祭りやマルクトでも誰もが好んで食べるドイツ人に欠かせない食べ物です。

2011年12月4日日曜日

クリスマスマーケット


 今年もクリスマスシーズンが始まり、デュッセルドルフの町も、あちこちにクリスマスマーケットの小屋が建ち賑やかになりました。どの町にもマーケットの中心となる広場がありますが、一つの場所に露店全部は収容されず町中に散らばって造られるのが普通です。

 ドイツにおけるその起源は古く、14−15世紀にすでにそのような市がたったという記録が残っています。ドイツ語ではふつうWeihnachtsmarktといい、「クリスマスの市場」という意味になりますが、その他にも地方によってはAdventmarkt「アドヴェント=待降節の市場」やChristkindelmarkt「聖子キリストの市場」という名で呼ばれます。大体11月半ばから1224日までの期間開かれます。

 元々は、寒い冬の生活必需品を人々が売り買いするための市場として始まったのですが、その後何世紀にもわたってクリスマスシーズンの開始を告げる民衆の慣習となりました。暗く寒い季節、沈みがちな気持ちを明るくしてくれるこのシーズンのハイライトは、ドイツ全国で2500カ所以上の場所で開かれますが、オーストリア、スイスはもちろん最近では他の北欧の国々やイタリア、フランスでもクリスマスマーケットを真似してやってようです。面白いことに、日本でもドイツ総領事館のある大阪の新梅田シティーで2000年からマーケットが開かれている、というニュースがこちらのインターネットニュースなどに報道されています。

 この町のマーケットはあまりセンセーショナルなものではありませんが、ルール地方ではドルトムント市のそれがよく知られています。そこに出る露店の数は300以上あるためドイツ最大であり、また1700本のもみの木を積み重ねて45mに達する大ツリーを広場の真ん中に立て、これがドイツで最も高いツリーである、と自慢しています。どこの町でも店は日本の縁日の出店か露店のようなものと考えて下されば良いですが、それよりもかなりしっかりした木造の小屋(ヒュッテ)の形をしています。

 今日では売られる品物はもうクリスマスに限定されず、中にはまったく関係なさそうなものまで並べられているのは驚きです。何でもクリスマスプレゼントに使えるから、と言えば言い訳にはなるでしょうが!しかしメインはやはり、ここに数枚写真を載せたツリーや部屋を飾るデコレーションやローソク、ランプの類でしょう。

 寒い日に長時間歩き回れば身体は冷えるし、お腹も空くものです。そのためマーケット独特の食べ物や飲み物がいくつかあります。それらについては次に写真を載せてご紹介しましょう。


 (暗いシーズンに合わせてブログの背景を黒に、文字を白くしましたがいかがでしょう?いい感じになったと満足しているのですが…?)